【ホワイトプランとスマ放題】安いのはどちらか計算してみた結果、スマ放題に

ホワイトプランとスマ放題

SoftBank での iPhone6の申し込みに際して、これまでの「ホワイトプラン」を継続するか、新しい料金プランの「スマ放題」にプラン変更するか、迷う人って多いんじゃないでしょうか。
私は迷いました。だって、安く抑えられるに越したことはないですもん。

ということで、ホワイトプランとスマ放題のどちらにしようか迷い、計算してみたところ
「俺の場合はスマ放題の方が安くなる」
ということがわかったので、参考までに、ちょいと記事にしてみようと思います。

ポイントは「よく電話するか?」じゃない。「パケット通信の量」で決まる

細かいことを説明しだすとその説明もややこしくなってしまうので、ざっくりいきます。

今、iPhone5,5c,5s を使っている人は、パケット通信のプランをほとんどの人が
「パケットし放題フラット for 4G LTE」(5,200円)
で契約していると思います。

で、その場合、両料金プランの比較対象となる部分の料金は

ホワイトプランの基本料 + パケット定額料 + 通話料
( 934+5,200+通話料)
で合計は 6,134円〜。(あとは通話料次第)

で、新しい料金プランの『スマ放題』の場合、パケット定額のプランが 2GBまで、5GBまで、10GBまで、15GBまで、…と選択できます。
なのでこれを「2GBまで」を選択してスマ放題にすると

スマ放題の基本料 + パケット定額料(+通話料は 0円)
( 2,700+3,500+0 )
で合計は 6,200円。

つまり、パケット通信の量が「月に 2GBまで」で平気な人は、「いつでも電話し放題」という状態になりながら、料金は 66円プラスされるだけ、という。
逆に言うと、通話料で 66円以上かかるならば「スマ放題にした方がお得」ということに。

で、自分の場合は月にどれぐらいパケット通信を使ってるのかな?と思い、マイソフトバンクにログインしてこれまでの月のデータ通信量を見てみたら(数ヶ月前までさかのぼって見れた)、毎月ずっと 2GB未満だったんですよね。

なので、私みたく
「外では LINE ぐらいしか使わない」
「家では常に Wi-Fi 」
という人の場合、「電話かけ放題」ということを考えると『スマ放題』の方がお得だということに。

「俺は絶対にソフトバンクの人にしか電話をしない!」
「夜9時以降は絶対電話かけない!」
を完全に徹底できるなら『ホワイトプラン』のままの方が、パケット通信の制限量が大きいのでお得ですが、もしそれを徹底できないなら、そしてパケット通信をあまりしないなら、『スマ放題』にした方がお得、だということになります。

ということで、巷では「スマ放題は電話をあまりかけない人にとっては実質値上げ」と言われていますが、意外なことに「パケット通信をあまり使わない人にとってはお得」という事実が分かったので、記事にしてみました。

  • 電話を控える代わりに、パケット通信をバリバリ使う(ホワイトプランを推奨)か
  • パケット通信を控える代わりに、電話は何も気にせずかけ放題(スマ放題の 2GBプランを推奨)か

出先でもパケット通信をバリバリ使いたいという人には向きませんが、パケット通信なんてほとんど使わないような大人(?)ならば、電話かけ放題になるので一考の価値ありかと思います。(私はスマ放題にしました)

以上です、
では。

 

フォロー/Feed

『【ホワイトプランとスマ放題】安いのはどちらか計算してみた結果、スマ放題に』へのコメント

  1. 名前:zzz 投稿日:2015/03/05(木) 23:08:49 ID:487f05546

    スマートフォンを持ちながら月に2gb以内しかデータ通信しない人は、私からすれば、スマートフォンを持つことさえ無意味。そんな通信量で何ができるの?

  2. 名前:masahiko 投稿日:2015/03/06(金) 09:52:12 ID:0348033a4

    Wi-Fiでは通信しますよ。自宅では。でも出先でそんなにいじりますか?大人が。
    ちなみにスマホユーザー全体の平均的な月間通信量は1.6GBです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。