雀鬼流、運の流れをつかむ方法|負ける理由は「99%が自滅」

圧倒的に強い人

「20年間無敗の雀鬼」として有名な桜井章一さん。「運」「ツキ」といった、凡人にはいまいちよく分からないものについて数々の著書を通して自身の考え方を語ってくれていますが、そんなお話の中でもそのものズバリ「ツキの正体」というタイトルの著書がありましたので、要点をまとめて紹介したいと思います。

麻雀だけにとどまらず、人生における「運の流れをつかむ方法」にも共通する話のように思えますので、何か気付きを得るきっかけにでもなれば幸いです。

桜井章一 著『ツキの正体』から要約

苦境を耐え忍び、ポイントを見極めて果敢に立ち向かっていく

  • 運の流れをつかむには、苦境を耐え忍び、やるべきことをやりながら徐々に体勢を立て直し、ターニングポイントを見極めて果敢に立ち向かっていくこと


どうにも流れが来ていないと感じる時というのがあります。有効な牌をさっぱりツモれなかったり、危険牌をどんどんツモってしまったり。

そして弱い人というのは決まってそんな時に、状況に耐え切れずにどこかで無謀な勝負に出ていってしまう傾向にあるように思います。また、弱くはないけど強くもない人の場合は、耐え忍んでばかりで転機に勝負に出れず「今日はダメだ」と言ってジリ貧で終わってしまう、そんなパターンが多いように思えます。

苦境を耐え忍び徐々に体勢を立て直していくだけの辛抱強さと、勝負どころでしっかり勝負に出れる勇気。その辺のバランスが、言われてみれば当たり前だけど、重要なようです。

ベタ降りはしない

  • ベタ降りはしない。勝負どころは逆境の中に訪れる。ベタ降りすると勝負どころを逃してしまう


「この局はダメだな」と思うと、完全にベタ降りでやり過ごそうとする人も多いと思います。手が悪いし、ツモもいまいち。であれば1000点や2000点にしかならない自分の手をあがるために危険な局面に挑戦していくことにはあまり価値がないようにも思えます。

しかしそれは、その局面どうこうの問題よりもっと大きな視点で見た「運」という観点からは、良い手段だとは言えないようです。

たとえば自分にはタンヤオ手しかない状況で他家3人がリーチを仕掛けてきた場合。そんな状況であれば大抵の人はベタ降りを選択するんじゃないでしょうか。でも、こういうのを実際に経験したことのある人も多いと思いますが、こういう圧倒的に不利な状況で他家3人のリーチをくぐり抜けてタンヤオ手をあがり切ることができたとき、そんな時は明らかに次局から自分に流れが来ます。倍満などがであがれることの多い局面になります。

きっとそういうのが、『勝負どころは逆境の中に訪れる』の、その勝負どころを掴んだ結果なのではないかと思います。

簡単なことではないし、結局勝負どころが訪れないで終わる可能性だって十分にあるとは思いますが、いずれにせよ「完全に勝負を放棄する」ということだけは避けたほうが良いようです。

勝負における敗因の99%は自滅

  • 勝負における敗因の99%は自滅。弱気や迷いが元で時や状況に置いていかれ、負けていく。ピンチの時も、守りに入るのではなく「受けて立つ」と考える


勝負に負ける人は自滅しているだけ、というのは経験を積めば積むほど本当にそうだなあと感じさせられます。人生でも何でも、あらゆることに共通しているんじゃないでしょうか。

時や状況に置いていかれないよう、常に前向きな姿勢を保ち、不利な状況でもベタ降りせずにその状況における最善の手を打って自ら運や流れをつかみにいきたいものです。

私生活上のクセが勝負をわける

  • 物事を後回しにするクセは、タイミングを逃すクセにつながる。チャンスに「間に合わない」人になってしまう


入ってきてほしい牌を他家が捨てた、その直後にやっとテンパイに。しかし結局あがり切れずに流局。なんてことがちょくちょくある人も多いと思います。それはもしかしたら「チャンスに間に合っていない」ことの結果なのかもしれません。

  • ついてる毎日を送るためにはまず、純粋に楽しむこと。楽しむ工夫をすること。楽しめばいい空気が生まれ、いい空気はツキを呼ぶ


放っておいても「楽しい毎日が向こうからやってくる」なんてことはあり得ません。どんな大富豪であろうと、大富豪であることが日常になってしまったら、そんな毎日は自分から楽しみにいかなければ楽しめません。楽しもうとする気持ちがなければ大富豪だって「ただの暇人」です。

いかにして自分をいい空気の中に置くか。そのためには自分でいい空気を生み出し、維持していく必要があるようです。「あいつは運がいい」と言われる人も、その運の良さは自分で作り出しているもの、なのかもしれません。

世の中には「どうやって楽しもうか」と考えるクセがついている人もいますが、そうでない人の方が大半です。なのでその場合は意識的に「今を楽しむにはどうしたらいいか?」と考えるクセをつけていく必要があるかもしれません。

まとめ

引用元の著書の中では上記の他にも「男らしく、真っ当に」「場の空気や人の気持ちを身体全体で感じ取り、気付いたら即行動」などなど、とても麻雀のことを語っているとは思えないようなことがたくさん書かれていました。

要は生き方の問題だと。そういうことなんじゃないかという印象を受けました。

耐え忍ぶべきところと、勝負に出るべきターニングポイントの、その見極め。これが凡人には難しいですが、少なくともベタ降りしていたらその見極めをする力もつかないと思うので、いついかなる時でも完全に諦めて傍観者になるようなことはせずに、ツキの流れを読むよう努めていきたいものです。


以上です、
ではまた

 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。