人はいま居る会社と釣り合っている

ぐずな会社と、ぐずな自分

斎藤一人 銀座まるかん創業者

|著書『変な人が書いた成功法則』より

今自分がいる会社から、ほかの会社を見て、「あの会社のほうがいい」と言うのではいけません。ここでよくなる方法を真剣に考えて、それでも良さが発見できない場合は、会社を辞めてしまうのです。
「でも、会社を辞められない」と言うのならば、それは会社の問題ではなく、自分自身の問題です。
自分がぐずなだけのこと。その会社も、ぐずな人間がいるのにふさわしいぐずな会社。
ちゃんと釣り合っているのです。

 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。