「優秀な人」より「すごい奴」の方が成功する|頭脳や能力以上に大切なもの

運・鈍・根

渡部昇一(上智大学名誉教授)さんの著書より。

優秀だと言われた人が、意外と幸運をつかみ損ねて、そのまま晩年に至るというのはよくあることである。キレすぎても成功するとはかぎらないのだ。確かに頭脳も大切だけれど、「運・鈍・根」というのも、人生には必要なことだとわきまえてほしい。

著書『自分の品格』より

これはある程度の人間を見てこないと実感として理解できないであろう言葉ですが、逆に年長者は「そうだ、そうだ」と感じ入ることができる言葉だと思います。

もしかしたら、人から「あいつは頭がキレる」と評されてしまっている時は、注意が必要なのかもしれません。そういう時は、おそらく言動が理論先行で、自分の「思い」であったり「情熱」であったり「使命感」みたいなものであったり、そういうものを忘れてしまっているから、「あいつは大した奴だ」みたいな称賛のこもった表現ではなく、「頭がキレる」という表現を他者からなされるのかもしれません。

 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。