リーダーの情熱・部下の士気を支えるのは、自分の正統性を主張する「理論」

リーダーたるもの、自分の正統性をはっきりと主張する論理を

渡部昇一 上智大学名誉教授

リーダーたるもの、自分の正統性をはっきりと主張する論理を持っていることが常に必要なのである。

著書『自分の品格』より

リーダーに不屈の精神を持たせるものも、部下の士気に火をつけるものも、究極的にはリーダーの持つ「哲学」なのではないでしょうか。

上の言葉と前後して、次のような言葉も述べられていました。

イデオロギーで負けると、たちまち戦うファイトがなくなるのである。だから、リーダーたるものは、常にイデオロギーで勝つ方策をとらなければならない。

同上

 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。