初めての格安スマホ|選び方|おすすめ|後悔しないために気を付けたいこと

初めての格安スマホ|選び方|おすすめ|後悔しないために気を付けたいこと

価格.com に格安スマホの比較ページが新設されていました。

格安スマホ比較
参考 価格.com – 格安スマホ比較

このページを見て、「いやいやこれはヤバいだろ」「後悔する人たくさんいるだろうな」と感じたので、格安スマホの選び方についていくつか説明してみようと思います。と、ついでに、散々比較してきた私の個人的なおすすめも書き加えておきます。

ここに注意。

上述のページでは、この記事執筆時点では「人気1位:楽天モバイル」となっています。が、楽天モバイルが1位だなんてのは明らかにおかしすぎます。

そもそも楽天という企業が数あるサービスの中で最も支持されるサービスを提供するだなんてことはあり得ないことなので、楽天という名が付いているだけで「1位はおかしい」のは明らかなのですが。

具体的に楽天モバイルの何が問題なのかと言えば、それは通信速度です。

通信速度に注意

「下り:200kbps/上り:200kbps」(楽天モバイル)

これ、普通のスマホで言えば、速度制限がかかった状態と同等です。(もしかして単位表記の見間違いを狙ってるんじゃね?と勘繰りたくなるような数字です)
格安とはいえ、スマホを持つのに、ネット接続を全くしないんですか?と。そんなつもりじゃないですよね。なら、楽天モバイルは即、選択肢から外れるはずです。

参考 楽天モバイルが遅い | 教えて!goo

実際の通信速度にも注意

楽天モバイルみたいな極端に遅い回線で情報弱者をカモにしようとする MVNO はそんなに多くありませんが、そうでなくても通信速度の面は注意して情報を集めないと「こんなんじゃ使い物にならない!」ということにもなりかねません。

多くの MVNO が理論値を「下り:150Mbps/上り:50Mbps」としていますが、実際のところ、そんな速度が出るサービスは存在しません。良くて 30Mbps 程度。多くのものは 8Mbps 程度から、昼間の回線混雑時には 0.5Mbps 程度にまで落ち込むものがほとんどです。(それでも楽天モバイルの最大 0.2Mbps に比べればマシではありますが)

安定して通信速度が速いものはごく一部の MVNO に限られてきます。どの程度の速度をもって合格ラインと考えるかは人それぞれ好みによって違ってくるかと思いますが、私の個人的な意見としては現状アリなのは NifMo、IIJmio、DMM-mobile の3社だけで、その他のは遅くて嫌だなと思っています。

参考 格安SIMは遅い。ドコモ回線でもドコモと同じ速度が出るわけじゃない、という話

各社が知恵を絞った独自のサービス内容に注意

記事冒頭で触れた価格.com の比較ページには、共通項目に関する情報しか掲載されておらず、気合いを入れて新規参入してきた MVNO の独自のサービスについての記述が見当たりません。

各社とも、自社サービスを選んでもらおうと一生懸命に良いサービスを考えてきているのに、そのサービスを知らないままに「格安スマホの比較」だなんて、残念すぎます。

MVNO の比較をするには、自分で各社のホームページをしっかり読み込んで、サービス内容を手元にメモして、自分で公式サイトから集めた情報を元に比較しないことには、必ずや何かしらの見落としが起きることと思います。

特に「NEVERまとめ」のような超絶無責任なコピペ記事に掲載されている情報を見て比較できていると思い込んでしまうのは非常にヤバいです。ああいう記事がどういう手順で作成されているのかを知れば、とても信用などできないのは明らかなのですが。(ああいうサービスで生成されているWebコンテンツはあくまで「楽しむためのもの」と割り切って接するのが、一つのネットリテラシーかと思います)

参考 ニフモ(NifMo)のバリュープログラムを使ってみた感想|数百円の割引はすぐに可能

今のところ最もおすすめの格安スマホは「NifMo(ニフモ)」

まだこれからもいくつもの企業の MVNO 事業への参入が噂されていますので、今後 MVNO 市場がどんな風になっていくかは分かりませんが、少なくとも今のところ最もおすすめと言えるのはニフモです。

IIJmio も DMM も悪くはないんですが、NifMo が頭ひとつ抜きん出ているかな、という感じです。(ちなみにその他の選択肢は現状「ナシ」と思っています)

速度面は恐らくMVNOで最強

ニフモ(NifMo)の速度、実測値レビュー|最低10〜最高30Mbps|格安スマホ最速では?
格安スマホのニフモを契約したので、データ通信速度を測ってみました。評判通りの速さでした。地方で速度が心配な人は参考にしてみてください。
DMMモバイルとNifMoの比較|DMMを推すブログが多い理由について
なんでこんなにDMM mobileの紹介をするブログが多いんだろう?と疑問に思ったので、いろいろ調べてみて、その結果分かったことを記事にしてみました。

独自の「バリュープログラム」がなかなかのもの

ニフモ(NifMo)のバリュープログラムを使ってみた感想|数百円の割引はすぐに可能
暇な時に割引還元額を貯めていけば、数ヶ月間スマホ料金がタダで済んじゃうかも?と興味が湧いたので、試しに使ってみました。

もちろん料金も最安値圏

上記「バリュープログラム」で頑張って割引額を貯めればさらにいくらか安くなります。

【NifMo(ニフモ)】これはライトユーザーにとってベストな選択肢では?マイネオより安いぞ
先行サービスの「マイネオ」と比較してみたところ「ニフモ」の方が月額料金が安く済みそうです。
格安SIMのツートップ『ニフモ』と『みおふぉん』、どちらがお得か比較してみた
両社のプランなどを見てみたところ、微妙な差ではありますがニフモの方が若干安くなるということが分かりました。

記事冒頭の価格.com の比較ページを見てみればニフモより楽天モバイルなどの方が月額料金が低く見える(まあ実際に低いわけですが)かもしれませんが、回線品質も含めたサービス内容全体と照らし合わせてどこがお得かを見極めなければ、ただ見かけ上の料金の安さだけで飛びついたら、それこそ「楽天のお客に相応しい人」でしかないと言えます。

(楽天をこき下ろしたいわけではないので悪しからず。楽天は、新聞界における東スポのような存在だと思うので、そういうものだと理解した上で接しないとバカを見るよ、というだけです)

おわり

ということで以上、初めての格安スマホの選び方やおすすめについてでした。
最後に、この記事内で触れていない格安スマホの特徴のようなものについて、参考になりそうな記事へのリンクをいくつか貼っておきます。下の「関連記事」も参考にしてみてください。

【格安スマホ】「音声通話対応」とは?110番通報できる/できないの違い
同じ「音声通話」でも、いわゆる一般的な携帯電話の番号「090/080から始まる番号」で発信できる音声通話と、IP電話という「050から始まる番号」で発信する音声通話とでは、ものすごく重要な点において決定的な違いがあります。
格安スマホの選び方。最低限理解しておきたい基本の「き」 - 端末(回線)、音声通話、通話時間
私の周りの人を見てもそうなんですが、意外と「格安スマホを検討するに足る知識が無い」人がかなり多いように思います。なので「そもそもこの程度のことは分かっていないと話にならない」というレベルのことを3点、解説してみます。
高いスマホ代を節約する方法 - 格安スマホは「格安」ではない、という話
大手キャリアでのスマホが「割高スマホ」なだけであって、格安スマホと聞いて「格安」に不安を覚える必要はありません。その辺のことについて説明します。
 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。