高校生に持たせるスマホ|大手キャリアで契約する場合

高校生に持たせるスマホ|大手キャリアで契約する場合

関連記事『高校生に持たせるスマホ|格安スマホはアリか?』の続きです。

料金の高さに目をつぶることができるのであればなるべく大手キャリアで契約したスマホを持たせた方がいい、ということを先の記事で書きましたので、大手キャリアで契約する際に気にかけたい部分について。

大事なこととしては

  • 余計なオプションは付けない
  • 端末代にお金はかけない

という点ぐらいでしょうか。

余計なオプションは付けない

これはショップに出向いて契約する人によくありがちなことです。勧められるがままにあれこれとオプションを付けてしまい、月額300円や500円のオプションの積み重ねで毎月1,500円ぐらい余計に支払い続けることになっていたり、ということがあります。

月額6,500円と8,000円(1,500円差)じゃインパクト違いますよね。

ひどい場合は、月額13,000円も支払っている人も、実際に私の知人でいます。今どき通話料もデータ通信量も定額のプランが揃っているってのに、どんな契約の仕方したらそんな料金請求されるんだ?と不思議でなりません。詳しい人に素直にアドバイスを求めるか、自分で勉強するか、した方がいいですね。

公式サイト上から契約手続きを進めたほうがいいと思う

人によるかもしれませんが、私としては契約はWebサイトから行った方がいいと思っています。私はSoftBankで今3台目のiPhoneになりますが、新規契約から機種変更2回まで全部Webでの手続きでやってきました。

何が良いって、まず自分のペースで手続きが進められること。ショップで契約するとなるとこちらの理解度に関係なく手続きは進んでいってしまいますが、Webで自分で手続きする場合は1項目ごとしっかり理解を深めながら手続きを進めることができます。

「留守番電話サービスはお付けしますか?もし電波の通じない場所にいらっしゃっても、留守番電話にメッセージを残してもらえます…ゴニョゴニョ」なんて窓口で言われても、なかなかリアルに使用状況を想像できないですよね。

自宅でリアルにスマホの使用状況を想像してみれば、「今どき電波の通じない場所に行くって、どんなサバイバルだよ」「留守番電話にメッセージ残してもらう必要があるほどの人間じゃねーし。用があればLINEでメッセージ送るだろ」なんてことはすぐに想像できたりするんですが、これが目の前に綺麗なお姉さんがいる状況(ショップの窓口)だとなかなか…。

端末代にお金をかけない

そして次に端末代にはお金をかけないこと。

これはよく「実質0円」なんて表記を見かけるから分かりやすいと思いますが、大手キャリアで契約するのであれば端末代にお金をかけるのはもったいないです。

実質0円の機種を使う

正確に調べてはいませんが、今は新しい機種であれば大体「実質0円」になっているんじゃないでしょうかね。

仕組みとしてはこうです。端末を分割支払いで買う契約 → 月々の分割支払いと同額の割引サービスが受けられる → 結果、実質無料に。

端末の分割支払い分の割引が受けられるサービスは、各社で次のような名称になっています。

  • auなら「毎月割」
  • ドコモなら「月々サポート」
  • ソフトバンクなら「月々割」

たとえば私の使っているiPhoneであれば、記憶容量の小さいタイプであれば常に実質0円で手に入れることができます。現行(最新)のiPhone6は記憶容量が16GB、64GB、128GBと3種類あるのですが、このうち16GBのモデルであれば実質0円。私が使っている128GBのモデルであっても月々の自分の負担は500円ちょっとです。(2年間の分割になるので2年間で合計10,000円ちょい支払います)

と、「端末にお金をかけない」と書きましたが、とはいえたとえばiPhoneなら実質0円になる16GBのモデルではちょっと容量が足りないかもしれません。ほんの数百円の支払いで済むので、もしお子さんにiPhoneを持たせるなら記憶容量は64GBのモデルにしてあげてほしいところです。(iPhoneは外部メモリが使えないので記憶容量を増やせないから、あまりに少ない記憶容量ではほぼ必ず不満を感じると思います)

実質0円 = 2年縛り

一応、頭の片隅に置いておきたいのは、実質0円となるような、つまり月々の端末代相当分の割引が受けられるサービスを適用されて契約する場合は、その契約の前提として『2年間使い続ける』という前提があります。

今年SoftBankで契約して、もし来年auに乗り換えたくなったら、その時には残債をまとめて支払う必要があります。この辺は普通のローン契約と同じ感じで考えてください。ローンの毎月の支払をキャリアが肩代わりしてくれてるだけ、という感じです。だから途中でキャリアを乗り換える場合は残りの分割支払い分を全部自分で払わなきゃならなくなります。

今は各社サービス内容に優劣などほぼ無いような状態なので多分大丈夫だと思いますが。

まとめ

端末に関しては今は「実質0円」どころか、実際に0円の端末もそこら中にあります。発売から半年も経てばかなりの機種が無料に近い価格で売られていたりします。

ただ、どうせなら最新の機種を使いたい、というのが人間というもの。おじさんおばさんなら機能は必要十分で価格が安いものを、という風に考えるかもしれませんが、若い子にはなるべく最新のものを持たせてやった方が何かといいものです。これからの時代の主役なのですから。

と、こんなところでしょうか。
また近日中に、今度はもし格安スマホで契約してスマホを持たせるなら…について記事書きます。

では

 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。