高校生に持たせるスマホ|格安スマホはアリか?

高校生に持たせるスマホ 格安スマホはアリか?

知り合いから、今春に高校生になる娘さん用のスマホのことで相談を受けました。

  • どんな料金プランにしたらいい?
  • 何か注意すべきこととかある?
  • 格安スマホってどうなの?

といった感じで。

で、これは今、世のお父さんお母さんも多くが気になっている話題だろうと思ったので、せっかくなので記事にしてみようと思います。

下書きっぽいものを書きだしてみたら思いのほか長い長い記事になってしまいそうな感じで、ちょっと一気には書ききれないので、小分けに記事にします。

まず全体的な比較ポイントとしては大体以下の点が論点になるかなと思います。

  1. ドコモなどの大手キャリアで契約するか、格安スマホにすべきか?
  2. 大手キャリアで契約する場合、どこに気をかけるべきか?
  3. 格安スマホで契約する場合、どこに注意すべきか?

で、この記事では「1.ドコモなどの大手キャリアで契約するか、格安スマホにすべきか?」のポイントについて、書いてみます。

大手キャリアにするか?格安スマホにするか?

まずは誰もが気になる料金面の違いから。

キャリアと格安スマホ、料金の違い

ドコモ・au・SoftBank といった大手キャリア(以下、キャリア)でスマホを持たせる場合、月々のスマホ代は約 7,000 円が目安です。

スマホの料金高すぎ?平均は約7,000円とのこと
本体代金の分割支払込みの数字ではありますが、月々7,000円といえば年間で84,000円。

一方の格安スマホの場合、こちらは選択肢が大量にあって平均を出すのは無理があるのですが、たとえば私が個人的にお勧めと思っている格安スマホ(ニフモ)の場合はスマホ本体の分割支払額も含めた月々の料金は約 2,700 円です。

この場合、毎月 4,000 円強の違いが出てきますので、違いは大きいです。

格安スマホは難しい

ただ、格安スマホは一般の人が十分に理解してから比較検討し、契約するには、なかなかハードルが高いもの。

こういう方面が得意な人、事前知識がある程度ある人であれば、週末にしっかり情報収集することを 2,3週繰り返せばバッチリ情報を正確に理解できると思いますが、そうでなければ恐らくチンプンカンプンになってしまうと思います。

格安スマホの購入を選択する場合、最低でも以下のような点に理解が必要です。

  • SIMについての最低限の知識
  • 使用者自身がおおよそ月間何GB程度のデータ通信を使うかの事前の把握
  • 一部サービスにおける「通話」の仕組みの違いへの理解
  • 地方の場合は電波の通じない場所がかなりあることへの理解

たとえば「白ロム」という単語の意味もよく分からないような状態の人が格安スマホを安さだけで選んでしまうと、きっと「こんなはずじゃなかった」という部分が出てくると思います。各社のサービス内容もまだ多様で、利用者側がしっかり知識をつけて適宜利用していかないといけない、発展途上の状態なので。

格安スマホの選び方。最低限理解しておきたい基本の「き」 - 端末(回線)、音声通話、通話時間
私の周りの人を見てもそうなんですが、意外と「格安スマホを検討するに足る知識が無い」人がかなり多いように思います。なので「そもそもこの程度のことは分かっていないと話にならない」というレベルのことを3点、解説してみます。

自宅にネットの固定回線が無い場合はキャリア一択

自宅にネットの固定回線が無い場合は、格安スマホで契約したスマホを持たせるのはかなり微妙です。

若い子はアプリなんかもいろいろダウンロードして使ってみたいだろうし、でもアプリのダウンロードにはそこそこの通信量がかかるので、自宅で Wi-Fi が使えないとなるとすぐに通信容量をオーバーしてしまうことになると思います。

大手キャリアの場合、(一部契約プランによって違いはありますが)最もメジャーなデータ定額プランだと月間7GB制限のプランになるので、よほど通信量の多い使い方をしない限り普通に使っている分には問題ありません。

結論、なるべくなら大手キャリアでの契約がベター

格安スマホ各社のサービス内容をそれぞれ比較してベストなものを選択しようとなれば、かなーりの労力を割く必要があります。

しかも通信速度の面は「住んでる地域によって」「その地域のユーザーの多さによって」変わってきてしまうので、最終的にはどんなに事前に調べてみたところで「使ってみないと分からない」という部分がありますし。

その点、大手キャリアの通信は安定していて、料金の高さ以外の点で戸惑うような部分はないと思います。確かに料金プランなどは複雑でややこしいものですが、小難しいことは考えずに最も一般的な契約をしておけばだいたいそれでOKなものです。

そんな理由から、料金面に目をつむ(ぶ?)れるのであれば、大手キャリアで契約してスマホを持たせるのが最もラクで安心だと言えます。

高校生の子どもに持たせるスマホで格安スマホという選択は、ナシではないけれども、相応の知識や理解が必要です。

以上です、
ではまた

 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。