能力はあるのに運が味方しない人の特徴|斎藤一人「出し切るという話」全文書き起こし

能力はあるのに運が味方しない人の特徴

斎藤一人さんのテープの全文書き起こしシリーズ(?)の2回目です。
今日は「出し切るという話」というタイトルの音声ファイルを書き起こししてみました。

身につまされる思いのする人が多い話だと思います。

能力があるのにイマイチな人の特徴

今から話を始めます。このテープは100回聞いてください。100回聞くとよく分かるようになっていますからね。

出し切る、という話です。

成功してない人、運の悪い人。どうもここまで生きてきて「この人いい能力あるのにいまいちだな」という人の、特徴があります。それは『出し切ってない』ということなんです。

出し切ると幸せになる

出し切った人には天が、いろんなものを与えてくれるんです。頭でもそうですよ。それから筋肉でもそうなの。「一生懸命一生懸命働いたら手が擦り減った」とか「歩いてたら足が減って無くなった」とかってことはないんです。

一生懸命使ったものには、手には皮もできるし豆もできるし、いろんなことができます。それで、出し切ると、どういう風に幸せになるかって言うと、たとえば「畑の話」ってのがあるんです。

運は、能力の有無ではなく、全力を出し切っている人に味方する

畑の話ってのがあって、こう、筋骨たくましい人っていますよね。

で、そういう人が、300坪の畑を耕せるのに、まあいいかって言って200坪しか耕さないとするんです。でその一方で、なかには体力が弱い人がいて、一生懸命一生懸命頑張っても、50坪しか耕せない人がいるんです。

そうすると、その200坪耕している人からすると「だらしねーな、あの家は」って、ね。「50坪しか耕せない」って。でもこの50坪の人は、全力を出し切って50坪耕しているんです。

で、この全力を傾けている人は、やがては筋力もついてくるし、少しづつ少しづつ強くなってきて、51坪、52坪、ってなってくるんです。それでやがて100坪になるかもわかんない。でももう片方の人の場合は、300坪耕す能力があるのに、200坪ぐらいしかやってかないと、段々段々筋肉も衰えてくるんです。

そして、なぜかこの、50坪しか耕せないけど51、52って伸ばしてきた人には、運のいいことが続くんです。

神も仏もいるから、50坪なのに運がいい

そうすると、200坪耕していた人は、相手のところを見ていて「なんであんな奴が俺より運がいいんだ。神も仏もねえじゃねえか」って言う。けれど、神も仏もいるから、分かるの。「あんたは全力を出してない」そして「あの人は全力を出している」ということが分かるの。

神も仏もいなかったら、あんたの方が上になるよね。でも、片方はなぜかいろんないいことが、次から次へと起きるの。もう片方の全力を出し切ってない方には、なぜか良くないことが、なんか事故に遭ってみたり、ちょっとお金が入ってきたら病気になって出てってみたり。悪因を残してなぜか出て行くの。でも全力を挙げている人には、次から次へといいことが起きるの。

知恵も出し切る。タダでも出し切る

これは畑とかの、力の話だよ。でもそれと同じように、仕事でもいろんな知恵ってものがあるの。で、この知恵がいっぱい浮かんだ時に、相手にこれを出し切れるかどうかなの。

だから、今私も一生懸命喋っているんだけども、本当にこれタダだよ、このテープ。タダでも一生懸命にどうやったら分かってもらえるかと思って一生懸命一生懸命喋っているんです。で、これもう本当に出し切ってるんです。

だけどこれ、「いい知恵だから自分だけのものにしておこう」って、人に教えない人がいるんです。教えない人は教えない理由を「相手が聞かなかったからだ」って言うの。でも、そのことがあるかどうか分からないものを聞くわけがないんですよ。

で、相手が知ってたっていいじゃないの。今度新しい知恵や何かがあったら「これ知ってた?」って言って、相手が「知ってた」と言おうが「知らない」と言おうが、相手からすれば自分のことを気にかけてくれる、この人は自分の知恵を出し切ろうとしている人なんだ、となるんだから。

それを出さない。力を出さないから筋力が衰えてくるの。それと同じように、心に持っているいいアイデアや何かも、出さないからそこで腐るの。それで、新鮮ないいアイデアを、一年後ぐらいになってもう腐りかけたようになってから「これどう?」「これどう?」って配るけど、腐ってるもの配られたら、嬉しい人いるかい?って。

イマイチな人、全力を出し切っているかい?

で、出し尽くすと幸せになるの。だから体力がない人でも、うちの仕事だったら、ポスティングするとか。少ないお客さんでも、来てくれたらその人に一生懸命喋るの。で、そういうことをしている人ってのは、なぜか幸運が続いてくるの。

だから、全力を出し切ってるかい?って。「なんかの合間に、ちょっとやればいいんだ」って、そうじゃないよって。人間って全力を出し切るの。

300坪耕せる人は300坪耕すの。周り見て「こんなもんでいいかな」「この程度でいいかな」ってやってると、その出し切らなかったものが、体の中で腐り、運勢を悪くするんだよって。

出し惜しみしている人には、なぜか不幸が訪れている。そのことを分かってくださいね

だから、自分も一生懸命喋ってるの。講演会でも何でも、タダの講演会でも一生懸命喋るの。それから、うちの人たちが仕事していると、俺のできること一生懸命やるの。そしたら、お金の計算を何もしなかった俺が、本当にお金持ちになれたの。

だから皆も、全力を出し切ってもらいたいの。それから、知恵も変に惜しまないでもらいたいの。もう「これいいアイデアだな」ってのを分けてあげるとどんどん、神様が知恵もくれるし運もくれるの。出し惜しみして、ケチにしている人は、「あんな能力があるのになぜかここまでしかいかない」ってなるの。で、なぜか不幸が訪れているの。そのことを分かってください。

1回聞いたくらいでは「なんだこの話」って思うかも分からない、世間が言ってることと全く反対じゃないかって思うかもしれないけど、これが本当の話なの。だから何回も何回も聞いてください。そしたらきっと分かってもらえると思います。

以上です。

ひと言

こういう話って、何か変な、自分に都合のいい解釈をしちゃう人も多いような気がするのが、難しいところだなと思います。

タダでも全力を出し切ると聞いて、「じゃあ自分はボランティアを頑張ろう」とか。それっておかしいですよね。全力を出し切るどころか、ラクそうな方に逃げているだけ、なのは明らかです(すべての場合がそうだとは言わないけど)。

以上です、
ではまた


お気に入りの一冊を紹介

 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。