iPhoneでマインドマップなら『iThoughts』がおすすめかも

iPhoneでマインドマップなら『iThoughts』がおすすめ

マインドマップは手書きが一番!とは思うんですが、でもやっぱり寝転がりながら、出先でチャチャッと、手持ちのデバイスで簡単なマインドマップが書けたら便利ですよね。

ということで昨日、iPhoneで書けるマインドマップアプリを探してみて、良さそうだなと思ったiThoughtsというのを使ってみたら、これが意外や意外かなりいい感じだったので、紹介してみます。

ネックはiPhoneの画面の狭さ。これはアプリどうこうの問題じゃないですね。マインドマップを書くとなればどうしてもiPhoneのサイズでは不便さを感じてしまうものだと思います。

iPhone/iPad向けマインドマップアプリ『iThoughts』

マインドマップのアプリを探している人にとっては使用感が気になるところだと思います。が、使用感について正確に説明するのも難しいので、私のマインドマップの書き方というか、「こういう書き方をしている人間が使ったらこう感じたよ」という視点からレビュー的なものを綴ってみようと思います。

私がマインドマップを書くとき

私のマインドマップの書き方や使い方としては以下のような感じです。

  • 普段は手書き一筋
  • でも、いわゆる“正しい書き方”というのは知らない
  • 主に「考えを深めたいとき」に書く。思考の整理やアイデア出しで書くことはほとんどない

カラフルな色を使って、イラストを挿入して……みたいな書き方は一切しません。自分には合わないので。

イメージとしては、一時記憶に脳のリソースを割きたくないのでメモしながら考える。そのメモにマインドマップを使ってる、という感じです。

なぜ今回iPhoneアプリを探したのか

普段は手書き一筋なのになぜ今回アプリを求めたのか?それは次のひと言に尽きます。

  • 寝転がりながら考えを深めたかった!

ご飯を食べてお腹いっぱいで、座って手書きマインドマップを書くのが苦痛だったので、横になりながらマインドマップでメモしつつ考えごとの続きをしたかった。

こういう時、普段ならGmailの下書きで箇条書きにメモを取りつつ考えごとを続けていたんですが、今回はちょっと考えたい事柄が複雑というか、いろんな選択肢を考慮しながら全体を俯瞰しつつ考えたい事柄だったので、どうしてもマインドマップでメモを取りたかったという事情がありました。

過去に使ったことのあるアプリ

数年前に一度、このアプリは使ったことがあります。

恐らく今でもマインドマップ系アプリの中では一番人気のものだと思います。無料版があるのが強いですね。それで無料・有料ともに一番人気っぽいです。

これを過去に使ってみてどうもしっくり来なかったので、私は使うのを止めました。なにが気に食わなかったのか?それはよく分かりません。なんとなく、美しくなかった。そんな感じでしかありませんでした。

と、こんな感じの私が今回『iThoughts』というアプリを使ってみて、とても気に入りました、という話です。バリバリのマインドマップラー?でもなければ、他のアプリをいろいろ試してきた者でもありません。そこんとこをご理解の上、以下の「iThoughtsの良いところ」を読んでください。

iThoughtsの良いところ

iThoughtsの良いところ
iThoughtsの良いところは、……正直、具体的にここがいいという点が明確にあるわけじゃありません。何て言うんでしょう、「感覚的に気に入った」というのが正直な感想です。

「感覚的に気に入った」、その要因らしきものを改めて考えてみると…

  • ノード(枝)の伸び方が好き
  • 拡大-縮小の動きがスムーズでいい
  • 機能の豊富さが既に一部実感できている
  • 書いてる最中のマップの美しさがいい

こんなところです。

機能の豊富さについてはまだほとんど把握していませんが、それでも

  • エクスポートの際のファイル形式が豊富
  • Dropboxと連携させると外部保存も簡単・安心
  • 遠くの項目同士を線でつなげたりできる
  • 色分けがし易いし、色が美しい

などといった点で既にかなり満足度が高いです。

具体的にどんな機能があったりどんなことが可能なのかについては公式の説明を参照してみてください。私は面倒なので見ていませんし恐らく今後もあまり多くの機能を把握するつもりはありません(笑)

iThoughtsのデメリット

ついでに今のところ把握しているデメリットについても。

  • 有料(1,200円)。そしてMac版は高い(5,800円)
  • iPadが欲しくなる

パソコンに向かいながら思考を深めるのは苦手というか、私はどうもできないので、とりあえず今回は Mac版の購入は見送りました。が、できれば母艦Macと連携させたいものです。でも両方買えば7,000円。アプリとしては安くないですよね。

そしてiPadが欲しくなってしまうこと。これがなかなか困りものです。私はこの記事を書き終えたら家電店に行ってiPad mini Retinaの実機を触ってこようと思っています。。。

完全にマインドマップ専用機として、16GBのWi-Fiモデルでいいので、欲しいなあと。
Androidタブレットと違ってApple製品は発売から時間が経っても値段高くてイヤですね。まったく。

まとめ

この記事書きながら「なんでこのアプリを気に入ったんだろう?」と思い何度も触ってみたんですが、どうも私的には「見た目の美しさ」が最大のポイントっぽいです。あと、「遠くの項目同士を線でつなげられる」ってのも意外とポイント高いです。

色、線の伸び方、拡大縮小した時の文字の視認性。主にこういった部分での美しさが好きなようです。


ということで、
マインドマップアプリをお探しの方、何か参考になりましたでしょうか?(汗)


以上です、
ではまた

 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。