LINEスタンプ|審査リクエスト数は1ヵ月で約2万

新しいLINEスタンプの審査リクエスト

1月25日の今日、新しいLINEスタンプを審査リクエスト出しました。
スタンプはこんな感じ ↓

新しいLINEスタンプ

で、同じようにスタンプの販売を考えている人なら誰でも「今はどのぐらい審査リクエストが出ているんだろう?」とか気になると思うので、ほぼ1ヵ月前の12月24日に審査リクエストを出した前回のスタンプと、今回のスタンプの「ID」の数字を比較して公開してみます。

管理画面のスクリーンショット画像です。

LINEスタンプのID

約1ヵ月前に審査リクエストを出した前作は、ID 160255 (12月24日にリクエスト)
今日審査リクエストを出したスタンプは、ID 184282

1ヶ月と1日の間に約24,000もIDの数字が増えています。

12月から1月にかけてという、人々がちょっと他の月とは違う動きをするタイミングでのデータなので、この数字をどう捉えていいのかは難しいところです。

でも普段の月よりは多い傾向にあるであろうことは恐らく間違いないでしょう。恐らく…。正月休みがあるんだから。

審査リクエスト数の増加ペースに鈍化の兆しアリ!?

先月の前半に書いた以下の記事で、1日あたりの申請数の予想を書いています。

LINEスタンプの審査リクエスト状況。新規の申請は1日700〜1000個ぐらいかと
今日審査リクエストを出した6種類のスタンプの、IDの数字をもとに、1日の新規の申請数を推測してみました。

1日あたり新規のリクエストは700〜1,000ぐらい。恐らく800ぐらいが平均的なペースだろう、という風に書いていました。

この数字を元に考えると、800×30=24,000 で、今回のIDの増え方に一致します。

ただ、正月休みという、普段仕事で疲れて手が進まないでいた人たちも集中して作業できた可能性が高いこのタイミングで、予想通りの月間24,000しかIDが増えないというのは、ちょっと少ないように思います。

再来月あたりには今の半分ぐらいの申請数になるんじゃないだろうか

もしかしたらそろそろ、LINEスタンプに対する皆の期待が薄れてきているのかもしれませんね。

これが今月から来月にかけての数字になればガクンと、月間増加数18,000ぐらいには減っているかもしれません。そしてその翌月には収益分配率も変更された影響でさらに月間で12,000ぐらいの増加にとどまることになるかも。そのぐらい減ってもおかしくはないと思うんですよね、個人的な感覚では。

チャンスが来るか、それとも市場の衰退が来るか

ライバルが減ることは普通大体の人は喜びます。でも実はメリットよりデメリットの方が大きかったりすることもよくある話です。ライバルが減るということは市場の熱気が冷めていってる証でしかないですからね。

とはいえ。あまりクリエイターズスタンプのことを調べていないので正確なことは分からないのですが、想像するに、しっかりマーケティングをして売り出しているスタンプなんてほぼ無いと言ってもいいような状態なんじゃないでしょうか。

もしそうだとすると、マーケティングの知恵や手段を持ちあわせている人にとってはまだチャンスがあるようには思えます。でもそうでない人にとっては市場の冷めはチャンスの喪失にしかならないように思います。

ごりごりのマーケッターが手がけたスタンプばかり目立つような状態になったらヤダなあ…。なんてことを思いながら、ちょいとこの記事の終着点を見失い気味になってきたのでこの辺で締めたいと思います。

(つか、審査スピード早めるって話はどうなったんだ?まだなのかな?12月24日にリクエスト出したスタンプが同月26日に「審査中」になって以降、一向に動きがないんだけど。覚悟していたつもりだけど、やっぱり長いなあ…)

 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。