『3,000円未満の格安スマホ』一番安いのは?人気3種を比較 – 2GB,端末セット購入

格安スマホの比較

格安スマホ市場で特に人気の『ニフモ(NifMo)』『ハイホー(hi-ho)』『BIGLOBEスマホ』の3種類のサービス、結局のところどれが最も安いのか?
私の場合は

  • 端末セット購入
  • 音声通話対応(090,080から始まる番号)
  • データ通信容量は2GBのプラン

で考えているので、この条件下での各社の料金・端末を比較してみました。分かりやすく表にしてみたので、もし同じような条件で契約を考えている方は参考にしてみてください。

端末セットの格安スマホではどれがベストな選択か

下図がニフモとハイホーとBIGLOBEスマホを比較した表です。
格安スマホ最安比較

※追記!!上図、「SDカードの使用」の項目が間違っていました。ニフモの ASUS ZenFone5 ではSDカードは正しくは「microSD(最大64GB)」が使用可能です。
参考 ASUS ZenFone 5|ASUS ZenFone Shop

「ニフモ(NifMo)」が最安

“人気”と言えば「イオンスマホ」も人気ですが、でもイオンのスマホはデータ通信容量が1GBのプランになってしまう(その上は5GB)ので、今回の比較からは外しました。ちなみに1GBで月額2,880円です。

上の表の通り、3社を比較するとニフモが最安でした。端末セット購入、データ通信容量2GB、080/090の音声通話対応、という条件下で。

端末そのものの価格が安い分だけニフモが少し安くなる、といった感じでしょうか。一応断りを入れておくと、ニフモの「月額2,697円」は「24ヶ月間200円割引」というキャンペーンの適用価格です。少なくとも現在のところは端末セット購入であれば誰でも適用されるキャンペーンです。

判断の分かれ目はメモリと記憶容量

月額利用料金は100円200円の違いでしかありませんから、問題は端末の性能面が満足できるものかどうか?という点になるかと思います。カメラの画素数は同じなので、ざっくり言うとポイントは

  • メモリ2GB、容量16GBで、SDカードの使用無し
  • メモリ1GB、容量8GBで、SDカードを使用する

このどちらが自分に合っているか?ここが判断の分かれ目になります。

※訂正 ASUS ZenFone 5 でもSDカードが使用できます。失礼しました。

1GBのメモリでサクサク動くのか?

メモリは大きいに越したことはありません。小さいと「もたつく」ことの原因になります。

ちなみにiPhoneはメモリ1GBですが、あれはいろんなアプリその他がアップル社の規格でガチガチに囲まれているため、同じ「メモリ1GB」でもその意味が違ってきます。iPhoneは1GBでもサクサク、その他の機種は1GBじゃもたつく、なんてことは普通にあります。

「もたつくのはイヤだ」という場合は、1GBじゃちょっと不安です。

記憶容量はどの程度必要か?

ニフモの機種では記憶容量が16GBで、SDカードの挿入ができないので、それ以上のデータを持ち歩くことはできません(何らかのクラウドストレージサービスを使えばまた話は別になりますが)

※訂正 ASUS ZenFone 5 でもSDカードが使用できます

一方のハイホーとBIGLOBEで採用している機種では、元々の容量は8GBしかありませんが、SDカードを使うことで最大32GB分の容量を追加することができます。これは便利でいいのですが、逆に言うと「SDカードを使うのはほぼ必須」と言ってもいいかもしれません。というのも、容量8GBとは言っても、元々入っているものだけでも4GB近く消費されてしまっているので、実質的には残りの4GB分ぐらいしか記憶容量が残っていないからです。

曲や写真のファイルの大きさ

記憶容量に触れた以上、音楽ファイルや写真がどの程度の容量を食うものなのかその目安を知っておかなければ話になりませんので、一応目安を書いておきます。

  • 音楽ファイルは一曲あたり約4MB強。200曲入れても1GB未満
  • 写真ファイルは一枚あたり約3.6MB。300枚の写真で1GB強程度

音楽ファイルに関しては保存形式が「MP3」の場合。
写真に関しては両端末の解像度「800万画素」で撮られた3456×2304サイズの写真の目安です。

これらの他に、アプリやら電話帳のデータやら、その他の細かなデータが記憶容量を使います。

まとめ

以上を見たところ、私のように

  • アプリをダウンロードしまくったりはしない
  • 写真を撮りまくったり、若者のように「全部残しておきたい」なんてことはない
  • 曲はどんなに多くても100曲か200曲あれば十分。YouTubeからダウンロードしまくるなんてことはしない

という場合、安いし、メモリは大きくて記憶容量は必要十分だし、ニフモがベストな選択肢ではないかなと思います。

※追記 CPU動作周波数はともに1.2GHzで、microSDはG2が32GBなのに比べてZenFone5は64GBのものまで使える。これはニフモ一択と言っていいのではないでしょうか。


以上です、
ではまた。

ニフモの端末セット購入(音声通話対応) ↓


 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。