NewDays KIOSK|コンビニでの無駄遣いはソシャゲーの課金と似ている!?

NewDays KIOSK

駅の売店の「KIOSK」や、コンビニ「NEWDAYS」などを運営しているJR東日本リテールネットが、新モデルの店舗「NewDays KIOSK」を3月14日にJR上野駅公園通路にオープンしたそう。まずは3店舗展開し、それらモデル店舗の検証を踏まえて今後多店舗展開につなげていくとのこと。

参考 まずは3店舗:売店とコンビニが融合した「NewDays KIOSK」がオープン、5つのポイントとは? (1/2) – Business Media 誠

本家コンビニエンスストアチェーンもまだまだ伸び続けているし、どこもかしこもコンビニ的なお店が増えてくなあという印象ですが、いち消費者としてはコンビニ店舗の便利さ手軽さにつられてチリツモ的な意外とバカにできない浪費をしてしまわないよう、意識的に財布の紐を締めておかないと危ないなあなんてことを思いました。

KIOSK

なんか、ほとんど用もないのにふらっとコンビニに寄って、100円のコーヒーとかを買ってしまうのって、あれ「ソシャゲーの課金」に似ているように思えるんですよね。

コンビニのヘビーユーザーはソシャゲーの課金をバカにはできない

NEWDAYS KIOSK
ソシャゲーの課金と、コンビニでの浪費。
似ている部分はいろいろあると思います。

客観的に見て、無駄

まずはその無駄さ加減。ソシャゲーは言うに及ばず、コンビニでのちょっとした買い物だって、その多くは「『必要』かどうかと聞かれれば、必要とまでは言えない」ような買い物が多くを占めているんじゃないでしょうか。多くの人が。

私なんかは完全にそうです。遠出をした時など休憩がてらコンビニ寄って、その度に無駄に缶コーヒーを買ってしまいます。缶コーヒーだけでは飽きてくると、ちょっとしたお菓子や何かも買ったりして。

客観的に見て、というより、主観的に考えても「無駄だな〜」というのは分かっているんですけどね。つい惰性で買ってしまっています。

ほんの僅かな快楽のための、僅かな出費

1回1回の出費なんてほんと何ともない程度なんですよね。ソシャゲーのガチャもそうだと思いますし(やらないから相場を知らないけど)、コンビニで買う飲み物代やなんかもそうです。

まったく財布に痛みを感じないから、慣れてしまえばまるで家を出る時に靴を履くことと同じぐらいの感覚で「コンビニあったから寄ろうか。」「とりあえずコーヒーでも」という感じで小銭を落としていってしまいます。

後になって計算してみると意外と馬鹿にできない額を使っていたりする

過去に一度だけ、コンビニで月にどれだけコーヒーを買っているのか家計簿アプリみたいなもので記録してみたことがあったんですよね。

その時の月額合計がいくらだったのかはもう数年前のことなので忘れてしまったんですが、とにかくびっくりしたことだけはよく覚えています。元々家にいてもコーヒーはよく飲む方なので、一日中外に出ている日なんかは日に5本ぐらい缶コーヒーを飲んでる日も珍しくなかったりして。

仮に1日2.5本平均だとして、2.5×120円×30日=9,000円。
毎回常にコーヒーだけというわけではないし、買うつもりのなかったスポーツ新聞を買ってしまうこともあれば週刊誌を買うこともあるし、夏なら「アイスも」とか、冬なら「肉まんも1つ」なんてことにもなるし。

やっぱり意外と大きいです。

「ソシャゲーの課金で月15,000円も捨ててるとかバカじゃね」なんてこと、言えないですね。言わないけど。

おわり:便利さに踊らされないようにしないと

便利になっていくことは歓迎するけど、便利さに踊らされ過ぎないように気を付けたいものです。スマホなどのテクノロジーにも踊らされ気味だし。ボケーッとしてたら今の時代どんどん食いものにされてしまいそう。

記事内で使用している画像は全て公式サイトから 3/14(土)KIOSKの新型ショップ「NewDays KIOSK」がJR上野駅公園通路にオープン|エキナカポータル

 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。