ヘッドホン|SONYのハイレゾ対応『MDR-1A』2週間使ってみた感想、レビュー。装着感最高!

ヘッドホン|SONYのMDR-1A使用感レビュー

SONY のヘッドホン『MDR-1A』を買ってみました。
先月末に届いてそろそろ2週間が経つので、レビュー記事でも書いてみようと思います。

公式 MDR-1A | ヘッドホン | ソニー
sony mdr-1a 外箱

と言っても、音質とかの難しいことは分からず、

  • iPhone に挿して使用
  • デスクワーク時にほぼ毎日使用(1~8時間ほど)
  • 聞くのは主に J-POP(大黒摩季が好き)

という人間のレビューですので、その前提でよろしくお願いします。
YouTube から落とした音源でも喜んで聴いていられる程度の耳なので、本来はこの価格帯のヘッドホンを求めるほどの者ではないんですが、後述する「装着感の良さ」に惚れ込んでこれに決めました。

MDR-“1A” という品番からも伺えるSONYの自信は本物だった

音にさしてこだわらない自分がなぜこの 25,000円もするヘッドホンに手を出したのか?

出会いは偶然、そして心は一目惚れ、でした。

mdr-1aを開けたところ

装着感が最高に良い

ふらっと立ち寄った家電量販店で、近年話題になっているハイレゾ音源の試聴コーナーに置いてあったのがこの MDR-1A でした。

ハイレゾに興味は無かったけれど、それでも一応何となく「ちょっと試しに…」と思い、備え付けられてあった MDR-1A を装着してみると……!!!

これの前に使っていた約15,000円のヘッドホンの装着感に不満を感じまくっていた私にとって、この MDR-1A の装着感は大げさでも何でもなく「衝撃的」でした。

mdr-1a梱包物

エアリータッチ(Airy Touch)|まるで空気のよう

私の中で勝手に命名してしまったキャッチコピーです。ほんと、私には空気のように感じられました。

もちろん音だってイイです。聴き慣れた曲で「あれ?ここにこんな音入ってたんだ!?」という体験もしました。そういう点はさすが、という感じです。

でも大多数の一般人にとって何よりも大事なのはそんな「素晴らしい高音質」ではないはず。音質も大事ではあるけど、そもそも装着していて苦痛だったらどんな良音質も結局聴かなくなる

結局、ヘッドホン選びでまず何を差し置いても第一に考えるべきは装着感ではないでしょうか。

ヘッドホン|価格帯別おすすめ|37機種から厳選レビュー
失敗しないヘッドホン選びのためにとても参考になる記事を発見したので紹介します。

mdr-1a外観

まとめ

ハイレゾ対応なので、もしかしたらこの記事を読んでくれる人の中には「ハイレゾ音源はどうだった?」と気になっている人もいるかもしれませんが、スミマセン。ハイレゾ音源はまだ聴いたことありません。

家電量販店の試聴コーナーでは聴いてみたけど、あんな周りがガヤガヤしているところで音質を確認できるはずもなく。また聴き慣れている曲でないと違いも分からないそうですしね。

ということで、レビューとか言いながら「装着感すげー良いよ!」ばかりの感想になってしまいましたが、まあこれが「音質はイマイチ」なんてこともないと思うので、そしてデザインもすこぶるカッコイイので、一般ユーザーすべてにお薦めできそうな逸品です。

これからの時期は耳周りが蒸れそうですが、まあそれは仕方ないですね。

以上です、
ではまた

 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。