WiMAXのレンタル機(Try WiMAX)を試したら下り最大40Mbps超という大満足な結果に

WiMAXのレンタル機を試してみた

自宅の光回線を解約して、無線通信の WiMAX を自宅回線の代わりにしようかと検討しています。サービスエリア的には自宅は問題がないことをこちらのページで確認してはいるのですが、それでも実際のところ自宅用の回線として使い物になるレベルの速度や安定感はあるのか?少し不安もあるので、ホームページ上から『15日間無料でお試し Try WiMAX』というのに申し込んで、今日そのレンタル機が届いたので早速、通信速度を計ってみました。

結果だけ先に言うと、とても満足できるものでした。

「WiMAX2+」は速い

WiMAXでは普通の「WiMAX」という回線と、それより格段に速い回線の「WiMAX2+」という回線と、それから別料金になりますが「LTE」の回線が使えます。私は自宅用なのでLTE回線は使うつもりありませんし、LTEのエリアの広さや速さは多くの人が知っていると思うのでここでは触れません。

WiMAXとWiMAX2+の違いは、前者は「使い放題」で、後者は「とりあえず契約から2年間は使い放題だけど、その後はもしかしたら通信速度制限(7GB)するかも」という回線です。利用者が増えてしまえば回線がいっぱいになってしまうので、その時には何らかの「実質値上げ」みたいなことをすることになるかもしれませんということのようです。とりあえず今のところはまだ通信の制限は確定事項ではないようです。

<訂正>
すみません、少し勘違いがありました。

ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信に対し、課金開始月から最大25ケ月間、通信速度制限(月間7GB超)を実施しません。

速度制限について|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

WiMAX2+は2年後からは月間7GBで通信速度制限がかかってしまう、ことは確定事項のようです。『最大25ケ月間、通信速度制限(月間7GB超)を実施しません。』というのは「その後はします」という意味のようです。(ならそうだとハッキリ書いてくれよ、紛らわしい)

勘違いに拍車をかけたのがこちら

また、当日を含まない直近3日間の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が1GB以上となった場合は、「au 4G LTE」の通信速度を終日制限する場合があります。なお、2015年4月以降は、「WiMAX 2+」通信もこの終日制限の対象となることがあります。

速度制限について|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

「3日間の合計が1GBを超えた場合に通信速度を制限する」というのが、WiMAX2+の場合は15年4月以降『対象となることがあります。』ということで、こちらがまだ確定事項ではないようです。

(2年後には7GBで通信速度制限がかかってしまう、しかも15年4月以降は3日間の合計が1GBを超えても翌日は終日制限がかかってしまう…ん〜これは自宅の回線をWiMAXにするのは厳しいか?ただ遅めの回線の方の「WiMAX」で通信すれば、そちらはノーリミットなので通信量を気にする必要がないようです。この記事では完全に「WiMAX2+」での速度測定結果を書いているので、また改めて「WiMAX」の接続に切り替えて速度測定してみようと思います)

WiMAX2+での計測結果

2年後には通信制限が適用されるようになるかもしれないとはいえ、自宅用となれば速い「WiMAX2+」で使いたいもの。ということでWiMAX2+で長野県長野市の自宅ではどの程度の速度が出るのか? PC は 2012年のMac mini、スマホは iPhone6 で、計測してみました。

ちなみにWiMAXルーターの電波は机の上で3本、窓際に置いて4本立つという感じで、なるべく実際に今後置くであろう場所で計測しようということで3本立っている場所に置いて計測してみました。また、有線でつないではいません。無線で飛ばしています。なので Mac も iPhone も同時に接続しています。レンタル機は『HWD14』というやつです。

「WiMAX2+」×「Mac mini 2012」

WiMAX2+のMac miniでの計測結果

一瞬「えっ?」と驚いてしまいました。上図は一応何回か計測したうちの最大値なんですが、平均して下り25Mbps以上は出ていました。無線通信なので地域や時間帯によって大きく数字が違ってくるものだと思いますし、私もまた他の時間帯にも何度も計測してみようと思っていますが、とりあえずこれだけの数字が出ることに驚きました。

ちなみにこれまでの固定回線の光は、ルーターが10年近く前の古いモデルのままだったので、最大で下り23Mbpsぐらいがやっとでした。安定感は抜群だけど、まさか無線のWiMAXより遅いものを光回線の料金で使っていたのかと思うとなんだかもったいないことしていたなあという気がしてきますね。

「WiMAX2+」×「iPhone6」

WiMAX2+でiPhoneでの計測結果

さすが最新の iPhone6 です。同じ電波でも速さが違います。そんな速さに果たして需要はあるのか?という疑問はありますが、こういう風に数字だけ見ればユーザーとしてはご満悦なんだから不思議なもんです。

ちなみにPC回線のスピードテストはこちらでできます。
参考 Speedtest.net by Ookla|The Global Broadband Speed Test

スマホ(iPhone)はこちらのアプリで計測できます。
Speedtest.net Mobile Speed Test – Ookla | App Store

速報! 今接続が切れました

今まさにこの記事を書いている最中に、ネット接続が切れました。接続し直したら難なく今ちゃんとつながっていますが、やはり無線というのはこういう面で安定感に欠ける部分はあるんですね、やっぱり。

もしこれが10分毎ぐらいのペースで頻繁にあるようだったらちょっと考えものですが…その辺はもう2,3日様子を見てみないことには分からなそうなので、様子を見てみてからまた何かあれば別記事でシェアしたいと思います。

4K動画もバッチリ

速度の計測結果を先に公開しているんだからこんな検証はムダでしかないんですが、一応YouTube動画の再生なんかもしてみました。もちろん HD動画も余裕。それどころかその上の 4K動画(2160p)すらもバッチリです。

WiMAX2+でYouTubeの4k動画を再生

まあ 4K動画の素晴らしさを活かせるモニターなんか持ってないんですけどね。

ということで、WiMAXのレンタル機でのスピードテストの結果でした。自宅回線の乗り換えなんかを検討している人は参考にしてみてください。

ちなみに契約はWiMAXのサービスそのものを提供しているところで直接契約するより、スマホと同じでMVNOのところから契約した方が、キャッシュバックだのプレゼントだのがあってお得です。私は下図のニフティで契約しようと考えています。こちらも契約後にまたレビュー的な記事を書いたりしますので、もしWiMAXを検討されているようでしたらまた後日当ブログを覗いてみてください。


 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。