WordPressプラグイン】AdSense広告を自由に配置できる『Google AdSense』が超絶便利

AdSense広告を自由に配置できる便利なPlugin

LINEスタンプの販売用に新しいブログを作成中なのですが、その過程でブログ内にAdSense広告を挿入するWordPress Pluginに何か新しい便利なものがないか探してみたら、ものすっごく便利なものを見つけてしまいました。

その名もズバリ『Google AdSense』。(Googleのオフィシャルプラグイン)

PHPが分からなくても何も問題なし。ブログ内のいろんな箇所に(ほぼ)自由に、直感的に、最適なAdSense広告を配置できちゃう優れものです。

プラグイン『Google AdSense』でできること

まずはどんな動きをするプラグインなのかの簡単な説明を。ショッキングなほどに便利です。

広告配置できる場所を自動で分析してくれる

後述するプラグインの設定画面「広告の管理」をクリックすると、下図のように自動でサイト分析を行ってくれます。この分析で広告の配置ができる場所をピックアップしてくれます。

広告配置できる場所を分析してくれる

分析が終わると以下のように表示されますので、「閉じる」。

広告配置可能箇所の分析が終了

すると下図のように、広告配置可能な場所を表示してくれます。

広告配置可能な箇所を表示

緑色の四角い枠は、このまま設定を保存すると広告表示される場所です。
「+」のピンが表示されている場所が、その他の広告挿入可能な場所を示しています。

私の場合で言えば「大手新聞社のウェブサイトみたいにheader下にバーンッと横長の大きな広告を表示させたい」と常々思っていたのですが、自分でそこに広告を表示させるだけの知識が無かったので、この画面を見た瞬間はかなりテンション上がりました。

もちろんフッターにガツンと大きな横長バナーを置くことも可能です。

フッターにもOK

画面左上には「デザイン|プレビュー」という切り替えボタンがあるので、これをプレビューにすれば実際に広告イメージが表示されます。

GoogleAdSense広告の実際の表示の感じをプレビューできる

ここまではブログのトップページの設定画面でしたが、もちろん個別記事ページでの広告表示の配置設定もできます。
画面左上の部分に、設定するページ(トップページ、記事ページ、アーカイブページ、カテゴリーページ)の切り替えがありますので、そこで切り替えて、全ての種類のページで設定を行います。

記事ページの広告配置設定

たとえば記事ページの記事タイトル周辺とか、そういう部分に広告を表示させるのって自分でコードを書けるような人でないと無理ですよね。でもこのプラグインを使えば簡単に配置できてしまいます。

記事タイトル付近にも簡単に広告配置可能

記事上部に広告配置したイメージ

四角い枠の左下にある「歯車マーク」をクリックすれば、その位置で表示させる広告のフォーマット(フォーマットとは「サイズ」のことではない。縦横比のこと。)を設定できます。

表示させる広告のフォーマットを変更

上の画像では広告フォーマットの部分が「自動」になったままですが、これを「レスポンシブ」にすれば、縦横比がほぼ同じ形の広告が表示されます。

レスポンシブ広告を選択した場合の表示

一応書き添えておくと

  • 縦長 = そのまま、縦長の広告
  • 横長 = そのまま、横長の広告
  • レスポンシブ = 縦横比が同じぐらいの広告

という意味になっているので、たとえば一般的によく使われる「300×250」とか「320×300」の広告を表示させたい場合は「レスポンシブ」に設定します。

各ページでの設定が完了したら画面右上の「保存して開始」をクリック。
少しだけ間を置いて、サイトを表示させてみましょう。

私の今回作成しているブログの場合は、以下のように設定してみました。

広告配置結果

ヘッダー下の横長広告以外は別にこのプラグインを使わなくても簡単に配置できる場所ではありますが、とにかく個人的にはヘッダー下に横長広告を配置できることが嬉しくて仕方ないです。

これ、他のAdSense広告挿入プラグインにもあるような「記事内、段落の手前に広告挿入」もできます。「1つ目と2つ目の見出しの手前にそれぞれ広告挿入」とかできるので、トレンドブログのようなブログの場合はそういう配置の方が効果が高いでしょう。

設定画面

以上の説明のような設定を行うには、まず当該プラグインの「設定」から、自分のGoogleアカウントとこのプラグインとを紐付けます。この部分の操作時のキャプチャは撮り忘れてしまったのですが、確かワンクリックで簡単に終了しました。

まだしっかり把握してないのですが、どうやらこの紐付けによって「Google AdSense」とともに「ウェブマスターアカウント」とも紐付けがなされるようです。つまりウェブマスターツールでサイト登録をしなくてもOK、なのだと思います。

広告の管理

アカウントの紐付けが完了すると、次に以下の画面が表示されるので、下図で示している箇所をそれぞれクリックします。

GoogleAdSenseプラグインの設定画面

すると上述の広告の配置などを操作できる画面に切り替わりますので、そちらで広告を設定します。

問題点

深刻な問題

機能的にとても素晴らしいのですが、一点、非常に気になる部分があります。

それは、広告の近くに表示させるべき「スポンサーリンク」の表示をどう挿入したらいいのか分からない、という点です。

これ結構深刻な問題ですよね。いや深刻なんてもんじゃなく、ヘタしたらAdSenseアカウントを剥奪されてしまいかねない大問題です。

どうなんでしょうか。このプラグインを使って挿入するような広告配置であれば「紛らわしい広告配置」に認定されることもなく、よってスポンサーリンクの表示も不要、なんて理解をしてもいいんでしょうかね?そうだとありがたいんですが。

ただちょっとまだ不安なので、とりあえずしばらくは今回新たに作成しているブログだけでこのプラグインを使ってみて、様子を見てみようと思います。もしGoogleから警告が来たらサクッと変更できるように。

ちょっとしたネック

「スポンサーリンクの表示が心配なら、記事内に表示させる広告だけは従来のプラグインで対応したら?」とも思うかもしれませんが、どうやらこのプラグインを使用する際は既存のAdSense広告は先にすべて削除しないといけないようです。

手書き、またはたとえば「Quick AdSense」のような従来使ってきたプラグインでのAdSense挿入と併用はできないようです。これができたら「スポンサーリンク問題」も簡単に解決できるんですけどね。

まとめ

ヘルプページを読んでみるとこのプラグインは「まだベータ版です」とのことなので、今後どんどん機能改善されていくことを期待したいです。まずとにかくスポンサーリンク問題を解決するか、Google側の公式な見解を表明してもらいたいものです。

と、深刻な問題点もまだあるものの、それでも利便性の高さはずば抜けたものがあるプラグイン、ではないでしょうか。

また何か気付いたりしたことがあったら記事にしていきたいと思います。

以上です、
ではまた

 

フォロー/Feed

『WordPressプラグイン】AdSense広告を自由に配置できる『Google AdSense』が超絶便利』へのコメント

  1. 名前:YAGI 投稿日:2015/05/21(木) 05:54:17 ID:18eebd89f

    このプラグイン、私も使おうと思っているのですが、「スポンサードリンク」等の表示が出ませんが、規約違反にならなのでしょうか?Googleが出しているプラグインだと思うのですが、どうなんでしょう?

  2. 名前:masahiko 投稿日:2015/05/21(木) 11:53:36 ID:0f0a47972

    YAGIさん
    そうなんですよね、規約違反にならないのかが気になります。
    Googleは広告をその他のコンテンツに馴染むような配置で掲載することを推奨していますし、何らかの悪質な意図を持った配置でなければ恐らく本来は「スポンサードリンク」等の表記は不要なはずなんですが…。とはいっても私も含め皆「もし万が一Googleにアカウント停止を喰らったら嫌だから」ということで必要以上に安全策を取っている、という感じだと思います。

    記事中で紹介しているブログはすっかり放置ブログになってしまい、「実際のところこうだったよ」ということは何も言えない状態です。お役に立てずすみません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。