ycon使ってみた|自撮り棒ナシでは顔が枠に収まらない

LINEから公式に、自撮り写真を使ってオリジナルのスタンプ画像を作成できる、自撮りスタンプ作成アプリ「ycon(ワイコン)」がリリースされました。

参考 【私がスタンプに!?】“自撮りスタンプ”作成アプリ「ycon(ワイコン)」を公開しました : LINE公式ブログ

で、早速使ってみたんですが、…個人的には「なんじゃこりゃ?」という感じ(笑)

画像付きで紹介してみます。

ycon(ワイコン)

自撮り写真を使ってオリジナルのLINEスタンプが簡単に作成できてしまうという、説明だけを聞けば多くの人が食いつきそうなアプリです。

ycon

でも実際に使ってみたら「これじゃない感」がすごかった。

1,000種類以上のテンプレート

自撮りした自分の顔の写真を埋め込むための、テンプレートが用意されています。現時点でも既に1,000種類以上あるのだとか。

ycon

ycon

パッと見た印象として、これ日本人向けに作ってないだろ?という印象。なんかアメリカ人が使ってるのは想像できるけど、日本人にバンバン使われてる様子はとても想像できない雰囲気です。

スタンプ作成→送信してみた

一応、実際に自分でも自撮りしてスタンプ作成、送信をしてみました。

顔が枠に収まりきらないw

アプリで自撮りする状態になると、自動でスマホの内側カメラが起動します。自撮りとかしたことないので自分のどアップに驚きました。(肌のきれいな女子と違って、見た人を不快にする可能性があるので、モザイク処理をかけておきました。実際には普通の写真と同じ写りになります

yconで自撮り

めいっぱい手を伸ばしてみたんですが、どうも顔が枠に収まりきらないです。

yconで自撮り

自撮りといえば「斜め上から撮影」が基本だろうということで、少し上から撮影し、結果こんなスタンプができました。

yconスタンプ

修学旅行を思い出してしまうのは自分だけじゃないはず。

スタンプを送信

早速完成した世界に一つだけの自撮りスタンプを使ってみます。

yconスタンプ送信

あれ、おかしいな。全然イメージしてたのと違う(笑)

なんと背景の透過はまだ Android版では対応していないのだそうです。

iPhone版LINE(5.0.0以上)を対象に先行公開している機能です。Android版LINEをお使いの方には、背景が透過されない画像が表示されます。

【私がスタンプに!?】“自撮りスタンプ”作成アプリ「ycon(ワイコン)」を公開しました : LINE公式ブログ

でも iPhone版のアプリはまだリリースされていないという…。

おわり:クリエイターズスタンプはまだ死なない!

背景が透過されてないせいかもの凄く滑稽なスタンプになってしまいましたが、これ、背景が透過されたからっていい感じのスタンプができるもんなんでしょうかね?

これを上手に使いこなすにはなかなかの練度が必要そうだなと思いました。

私は今のところクリエイターズスタンプの審査に出している自作スタンプが3つあって、まだ3つともリリースに至っていません。なので今回のこのアプリリリースの話題を聞いて「クリエイターズスタンプ死亡か?」とか思ったのですが、どうもそこまでの影響力があるアプリではなさそうでひと安心。

(にしても、3ヶ月ぐらいスタンプの審査が全然進まないんだけど、どうなってるんだ?)

以上です、
ではまた

 

フォロー/Feed

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。